【東難連設立50周年・法人化20周年・5月23日“難病の日”記念】「難病になっても展2023」

【多数の方々にご来場いただきまして、ありがとうございました】

「難病になっても笑顔で自分らしく “活力ある生活”を!“人生を活き活き”と!」
設立50周年・法人化20周年を迎えた東京難病団体連絡協議会の歴史とその役割、
加盟する患者団体のパネル展示と難病患者・家族のための日替わりプログラム、
難病になっても安心して暮らせる社会の実現を呼び掛ける企画展、
「難病になっても展2023」を東京都立中央図書館の協力のもと2つの会場で開催いたします。
(※展示と日替わりプログラムの会場は、東京都難病ピア相談室です)
是非とご覧ください。ご来場をお待ちしております。

●日時: 2023年 5月 23日(火)~ 5月 27日(土)
※ピア相談室11:00~16:00、図書館(平日)10:00〜21:00・(土曜日)10:00〜17:30まで開館
●会場:
【展示・関連イベント】東京都難病ピア相談室 〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-7-1 東京都広尾庁舎1階
【難病に関する本の展示】東京都立中央図書館 〒106-8575 東京都港区南麻布5-7-13
●参加費:無料

●主催: 特定非営利活動法人 東京難病団体連絡協議会 (略称:東難連)
●協力: 東京都立中央図書館 
●後援: 東京都、渋谷区、港区
●協賛: フランスベッド株式会社、株式会社日立ケーイーシステムズ

●参加団体:全国膠原病友の会 東京支部、全国多発性硬化症友の会 東京支部、東京都パーキンソン病友の会、東京進行性筋萎縮症協会、東京腎臓病協議会、日本リウマチ友の会 東京支部、日本ALS協会 東京都支部、東京都心臓病の子どもを守る会、再生つばさの会 東日本支部、東京都脊柱靭帯骨化症患者会、国分寺難病の会、オスラー病患者会 関東支部、全国脊髄小脳変性症・多系統萎縮症友の会(関東地域)、全国ファブリー病患者と家族の会、NPO法人全国ポンペ病患者と家族の会 関東支部

難病になっても展 日替わりプログラム (会場:東京都難病ピア相談室
・「難病おくすり相談」 5/23(火)・24(水)13:30~16:00
 担当:清水竜氏・東難連副理事長・薬学博士
「福祉機器展示と説明」 5/23(火)・5/26(金)13:30~16:00 
 担当: フランスベッド(株)小久保寿基氏
・「難病コミュニケーション支援体験会」 5/26(金)13:30~16:00
 担当:(株)日立ケーイーシステムズ 廣瀬貴裕氏

※詳細、 日替わりプログラムのお申込み方法は、下記のご案内チラシをご覧ください
ご案内チラシ(PDF)

タイトルとURLをコピーしました